井戸掘りを知る


非売品

●著 者 金子 豊 
サイズ A5版
ページ 134頁
発行日 2010年10月20日 初版発行

 

【著者の言葉】
 人類社会の発展とともに水の需要は年々増加の一途をたどってきているが、上水設備の建設や維持管理には多大
な時間と経費、さらには広大な土地をも必要とすることから、需要規模に応じた設備の建設には様々な障害がある。
その点、必要なところに必要な規模の井戸を掘って地下水を利用するほうが現実的である場合も多いことから、井戸
掘りのニーズは将来も消えることがないと考えられている。
しかしながら、我が国における井戸掘り技術に関する教育の場をみれば、理工系大学のみならず専門技術系高校で
もカリキュラムに取り上げられることがなくなってしまい、若者たちが井戸掘り技術を学習し、理論や知識を習得する手
立てはなくなってしまったという現状である。
かろうじて、井戸掘りのニーズにこたえて専業者やボーリング機械メーカなどが、井戸掘り技術をなんとか継承しようと努
めてきてはいるが、次第にその内容は乏しくなり、曖昧になってきているように感じられ、正確な技術の伝承が極めて危
ぶまれる状況になってきていることから、このままではこれまで培われた井戸掘り技術が廃れてしまうのではないかと心配
されるところである。
本文では、工業用水や農業用水、あるいは地域の生活用水をまかなうような大規模な井戸ではなく、家庭の庭や個
人の畑などの散水とか防災用、または生活雑用水の一部などとして、地下水を有効に利用するための小規模な井戸
掘りを念頭に、地下水と井戸についての基礎的な技術情報を拾い上げて幅広く紹介した。
個人レベルでの環境問題への取り組みや、余暇活用の一環として井戸掘りを体験したい、という時代のニーズとでも云
えるような井戸掘りに、これから取り組む方々や、現在取り組んでいる方々、あるいは井戸掘りに興味のある方々の参
考書として読んでいただければ幸いである。
 

 

 


  • 0 在庫量


この書籍は2010年11月12日(金)に登録されました。

 | 自費出版・個人出版ホーム |